大会成績

2014年8月 7日(木)

第67回 十和田八幡平駅伝競走全国大会

JR東日本ランニングチームは、本日8月7日(水)、秋田県鹿角市(十和田湖休屋~八幡平大沼:5区間 73.7km)で行われた第67回十和田八幡平駅伝競走全国大会に出場しました。この大会は、毎年猛暑の中での大会となりますが、今年は雨の中でのスタートとなりました。1区は、新人の鈴木選手でしたが中盤の登り坂で離されてしまい、10位での襷渡しとなりました。2区の堂本選手は、鈴木選手の遅れを取り戻すために、最初から飛ばして行き外国選手と肉薄する走りをして、チームを3位まで押し上げました。3位で襷を貰った大橋選手は、エース区間で実力を発揮することが出来ず、4区の五ヶ谷選手に8位で襷を渡しました。五ヶ谷選手は、前を走るチームをしっかり追いかけて行き、区間2位の走りを見せて、アンカーの寺田選手に襷を渡しました。アンカーの新人寺田選手は、目標の3位を目指して前を走るチームを追い上げましたが、力及ばず6位でのゴールとなりました。


コメント



【深山監督】
大会当日は、地元の方々をはじめ色々な方々からの盛大なご声援をいただき、誠にありがとうございました。今回の駅伝は、チーム合宿の合間を縫っての出場となり、ある程度苦戦を強いられることは予想していましたが、予想以上に厳しい結果となってしまいました。この結果を真摯に受けとめ、これからの合宿で更に強化を図り、11月の東日本実業団駅伝並びに元日の全日本実業団駅伝で目標を達成出来るようチーム一丸となって頑張って参ります。引続き皆様の熱いご声援を宜しくお願い致します。

H26.8.7.suzuki.JPG【1区】鈴木選手
苦手な上りで苦戦し、得意の下りのスピードが上がらない苦いデビュー戦となってしまいました。しかし、その中でいろいろ課題が見つかったので、この経験を大切に自身のレベルアップに繋げたいと思います。












H26.8.7.doumoto.JPG【2区】堂本選手
自分の走りは出来ましたが、チームの目標に届かず残念です。しかし、十和田駅伝や夏合宿を通して自分の成長を実感しています。秋以降にはトップレベルで戦えるようトレーニングを積んでいきます。












H26.8.7.ohashi.JPG【3区】大橋選手
堂本さんが良い位置で襷を渡してくださったのに、私の所で足を引っ張ってしまい順位を落としてしまいました。今後の駅伝で取り返せるよう、これからの夏合宿で鍛え直します。













H26.8.7.gokaya.JPG【4区】五ヶ谷選手
チームの目標としていた3位には届きませんでしたが、課題を克服し、秋冬の駅伝に必ず活かし結果を出したいと思います。天候の悪い中サポートしてくれた会社の皆さま、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。












H26.8.7.terada.JPG【5区】寺田選手
4区の五ヶ谷さんから前が見える良い位置で襷を受け取ったのにもかかわらず、差を詰めるどころか逆に差を広げられてしまいました。今回の反省を生かし、これからの夏合宿でしっかりと練習を積み、秋からのレースで応援してくださる皆さまのご期待にそえる結果を出したいです。










【ゴール地点でスタッフ・選手・応援の方々と集合写真】shuugou.JPG

総合成績

個人成績

ページの先頭へ