大会成績

2013年8月 8日(木)

第66回 十和田八幡平駅伝競走全国大会

 JR東日本ランニングチームは、8月7日(水)に秋田県鹿角市(十和田湖休屋~八幡平大沼:5区間 73.7km)で行われた第66回十和田八幡平駅伝競走全国大会に出場しました。
 チーム目標を過去最高となる優勝・準優勝に定め、スタートしました。1区の長谷川選手は、先頭から17秒差の好位置で襷を繋ぎました。2区を走った新人の横山選手は、当チームでは初めての駅伝となりましたが、落ち着いた走りで順位を上げ、2区では日本人最高となる区間3位の好走を見せました。3区、ベテランの高田選手は、3位集団の激しい競り合いを制し、順位をキープしました。4区は選手変更となり、原田選手が担当しました。順位を落としましたが、粘りの走りで3位が見える位置でアンカーに襷を託しました。最終走者5区の田村選手は必死に前のチームを追い、高低差600mを駆け上がる難コースに苦しみながらも順位を上げ、昨年のチーム順位を上まわる5位でフィニッシュしました。


コメント



【深山監督】
今回の駅伝は、チームが新体制となっての初めての駅伝でした。大会前に、予定していたオーダーを変更するなどのアクシデントもありましたが、地元の方々をはじめ色々な方々から盛大な応援をいただき5位入賞を果たすことができました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。今回の駅伝での良い流れを11月の東日本実業団駅伝、元日の全日本実業団駅伝の結果につなげていきますので、今後とも皆さまからの温かい応援を宜しくお願い致します。

1_hasegawa.JPG【1区】長谷川選手
最後の詰めが甘く、2区以降に負担をかける走りだったと思います。出遅れたくない思いから少し消極的になってしまいました。今後の合宿等で練習を積み、秋には実力を付けて駅伝を迎えます。朝早くからたくさんの応援、サポートありがとうございました。











2_yokoyama.JPG【2区】横山選手
たくさんのご声援ありがとうございました。実業団での初めての駅伝となりとてもいい経験になりました。個人としても納得のいく走りをすることができたので、これからの駅伝に向けてより一層練習していきたいと思います。












3_takada.JPG【3区】高田選手
当日は応援ありがとうございました。今回5年振りに十和田八幡平駅伝で3区を走りました。気温が高い中での駅伝で、速く走れず順位をキープしただけの走りだったので、この先の合宿で力をつけて、次はしっかり走れるように頑張ります。











4_harada.JPG【4区】原田選手
当日は暑い中応援して頂き有難うございました。私の区間で順位を落としてしまったことに、情けなさと、申し訳なさを感じています。改めて自分の取り組み方を省みて、改善していきたいと思います。今後とも応援宜しくお願いします。











5_tamura.JPG【5区】田村選手
昨年と同じく今年も5区を走らせていただきました。前半で順位を一つ上げましたが、途中失速しチーム最高順位には届きませんでした。この経験を今後試合にいかしていきたいと思います。昨年以上に暑い駅伝ではありましたが多くご声援ありがとうございました。











【ゴール地点でスタッフ・選手・応援の方々と集合写真】 _DSC0004.JPG

総合成績

個人成績

ページの先頭へ