大会成績

2014年11月 3日(月)

第55回 東日本実業団対抗駅伝競走大会

11月3日(月・祝)埼玉県庁~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場コース(7区間77.5㎞)で開催された第55回東日本実業団対抗駅伝競走大会に出場し、11年連続全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を獲得しました。
1区高谷選手は、先頭と41秒差でやや出遅れたものの6位で襷をつなぎ、2区のエース区間で寺田選手が順位を維持する快走で3区に繋ぎました。3区のインターナショナル区間で、その差をさらに広げられ12位まで順位を落としました。その後の4区で順位を1つ落とし、13位で5区に繋ぎましたが、5区、6区も力及ばず13位を維持するに留まり、アンカー7区の横山選手が力走し順位を1つ上げ、12位でゴールしました。
今大会は、前年と同順位であり課題も多く残りましたが、若手選手の成長も見られるなど収穫もあったレースでした。元旦の全日本実業団駅伝では、今大会での課題を克服し、8位以内入賞の走りが出来るようチーム一丸となって頑張って参ります。


総合成績

個人成績

コメント



【深山監督】
当日は、朝早くから沢山のご声援をいただきまして、誠にありがとうございました。そのご声援に応える走りが出来ず、誠に申し訳ございませんでした。今回の駅伝は、課題も沢山ありましたが、若手選手が力を発揮するなど、収穫もあったレースでした。元旦の全日本実業団駅伝では、今大会での課題を克服し、8位以内入賞の走りが出来るようチーム一丸となって頑張って参ります。引続き皆さま方の熱いご声援を宜しくお願い致します。

【1区】高谷選手higashinihonekiden H26.11.3_1_takaya.JPG
当日は朝早くから沢山のご声援ありがとうございました。沿道での大応援に勇気づけられ走りきることが出来ました。ニューイヤー駅伝に向けてチーム一丸となって頑張ります。今後も応援宜しくお願い致します。











【2区】寺田選手higashinihonekiden H26.11.3_2_terada.JPG
早朝から寒い中、ご声援ありがとうございました。個人的にもチーム的にも納得できる結果ではなかったので残り2カ月でしっかりと体調を整え、ニューイヤーではご期待に添える走りをしたいと思います。












【3区】堂本選手higashinihonekiden H26.11.3_3_doumoto.JPG
当日は朝早くから多くの応援ありがとうございました。私が担当した3区で、入賞圏外まで順位と流れを落とし、後半区間に大きな負担をかけてしまいました。期待に応えられず申し訳ありません。














【4区】原田選手higashinihonekiden H26.11.3_4_harada.JPG
当日は朝早くから熱い応援を有り難うございました。今回、チームの足を引っ張る走りになってしまい、とても情けなく思っています。ニューイヤー駅伝までしっかりと立て直し、チームに貢献できる走りができる様精進して参ります。













【5区】田村選手higashinihonekiden H26.11.3_5_tamura.JPG
多くのご声援をありがとうございました。後半の区間で順位を上げるチームの持ち味を出すことができず、そのままの順位で襷をつなぐ結果となりました。ニューイヤー駅伝でリベンジをしたいと思います。今後も応援をよろしくお願いいたします。












【6区】鈴木選手higashinihonekiden H26.11.3_6_suzuki.JPG
この度は、温かいご声援ありがとうございました。個人としては区間11位と後半の反撃の役割が果たせなかった事、あと数秒の差で区間一桁だった事でまだまだ力不足を痛感しています。しかし課題は見つかったので、もう一度次に向け奮起いたします。













【7区】横山選手higashinihonekiden H26.11.3_7_yokoyama.JPG
朝早くからたくさんの応援ありがとうございました。個人としてもチームとしても納得のいく結果ではありませんでした。ニューイヤーに向けてできることを全力で取り組んでいきたいと思います。













【ゴール地点の熊谷競技場での集合写真】
shuugoH26.11.3.JPG

ページの先頭へ