大会成績

2013年8月27日(火)

2013 北海道マラソン    

『五ヶ谷選手 フルマラソン初優勝!!』

スタート大通西4丁目~ゴール大通西8丁目で開催された「2013北海道マラソン」に長谷川、原田、五ヶ谷の3名の選手が出場しました。
夏の過酷なマラソンとして知られる北海道マラソンは、気温が30℃に達することもありますが、今年は25℃前後の気象条件の中で行われました。
札幌大通りからのスタート後、すぐに原田選手を含む3名が集団から飛び出し、20km付近までレースを作りました。五ヶ谷選手・長谷川選手は集団の中で、前の3名を追うタイミングを待ちました。26km手前の折り返し地点を過ぎた辺りからレースが動き始めます。一時は1分以上あった先頭と集団との差が一気に詰まり始めます。スピードが上がり、縦長になった集団から五ヶ谷選手と外国人選手が抜け出しました。五ヶ谷選手は外国人選手を引き離し、単独で先頭を追いかけます。35kmで先頭に追い付き、そこから激しい優勝争いが展開されます。再び引き離される場面もあり、緊迫した駆け引きが行われる中、38km手前で五ヶ谷選手がついに先頭に立ちました。優勝が見えた五ヶ谷選手は最後の力を振り絞ります。すると、2位以下の選手との差が一気に広がり、独走状態になりました。ラスト3kmを切った北海道大学内や大通りでは、絶対に優勝したい気持ちから、何度も後ろを振り返り、後続との差を確認しました。フィニッシュ地点が視界に入り、勝利を確信した五ヶ谷選手は大歓声の中、ゴールテープに飛び込みました。五ヶ谷選手と当チームにとって、マラソンでは初優勝となる記念すべきレースとなりました。
長谷川選手は常に入賞に迫る好位置でレースを進めました。原田選手は前半から積極的に飛び出し、上位を狙う走りでした。3名がそれぞれ見せ場を作り、チームを勢いづけることができました。

DSC_8054.jpg 
▲写真提供/北海道マラソン事務局

【優勝した五ヶ谷選手のコメント】
沿道からのたくさんの声援のおかげで、最後まで走りきることが出来ました。今回優勝したことで、マラソンの奥深さや楽しさを改めて感じました。まだまだ強くなれます。これから先、個人として、チームとして、もっともっと成長していきたいと思います。本当にありがとうございました。

hasegawa_hokkaidou.JPG

【長谷川選手のコメント】
8位入賞を目標に走りましたが、結果は10位でした。マラソン練習は思うようにできていたので自信を持ってスタートできました。レース中はチームメイト走りに勇気をもらいながら走れ、今の力は出しきれましたと思います。次は駅伝に向けて頑張ります!

harada_hokkaidou.JPG

【原田選手のコメント】
当日は現地、テレビ等で熱い応援をして頂き有難うございました。積極的に挑戦しましたが、力及ばず結果に繋げることが出来ませんでした。しかし、この経験を冬のマラソンに活かせる様これからも精進して参ります。今後とも応援宜しくお願いします。

出場種目マラソン

 

ページの先頭へ