ブログ

2016年4月 1日(金)

退部のお知らせ

2016年3月31日をもちまして、チームの中核として活躍し、今日のチームの躍進に大きな功績があった4選手が退部しました。
退部した4選手の、これからの進路は以下のとおりです。


原田誠選手:
現役選手を引退し、業務に専念する事になりました。

【原田誠選手からのコメント】

入社以来10年間、沢山の応援を頂きまして、有難うございました。
長い間目標に向かって挑戦させて頂きましたが、力及ばず競技を終えることになりました。
今後は競技生活で得た経験を、新たな道で活かして行きたいと思います。


五十嵐祐太選手:
現役選手を引退し、業務に専念する事になりました。

【五十嵐祐太選手選手からのコメント】

この度引退することになりました。

私は約5年間、JR東日本ランニングチームとして活動してきました。
JR東日本ランニングチームで活動していた時には、多くの方の応援やサポートなど本当にありがとうございました。
今後は業務に専念し、今までの経験を活かしてこれからも向上心をもって頑張っていきます。


大橋秀星選手:
現役選手を引退し、業務に専念する事になりました。

【大橋秀星選手選手からのコメント】

3年間ご声援ありがとうございました。

今後は業務に専念しながら市民ランナーとして走りたいと思います。
今後ともJR東日本ランニングチームへのご声援宜しくお願い致します。


鈴木悠介選手:
現役選手を引退し、業務に専念する事になりました。

【鈴木悠介選手からのコメント】

このたび、平成27年度をもちまして12年間の現役生活を引退することになりました。
お知らせされている通り、社業に専念という形でいちJR東日本社員として働きます。
実業団での戦績は故障に苦しみ大学時代の実力を超えることができず、最大の目標であったNY駅伝を一度も走れぬまま引退というのは私としても非常に悔しいですし、応援してくださった方々には申し訳ない気持ちです。

しかし、ここは実業団という場所。力のない選手は生き残れないことは覚悟の上で進んだ道ですので、結果を真摯に受け止めたうえで引退勧告からこの発表までを充電期間として気持ちを切り替えたので、不完全燃焼だったエネルギーを業務で発揮していき、東日本地区の鉄道インフラを担う会社を支える人間に成長するため、小さなことから一歩ずつ進んでいきます!
走ることについても、足の怪我が治りましたら趣味で少しずつ再開していきたいと考えていますので、どこかの大会で私を見かけるかもしれませんがその時はよろしくお願いします!

また、これからもJR東日本ランニングチーム、並びに所属選手に変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。私もOBとしてサポートできることをしていく考えです。

最後になりましたが応援してくれた皆さま方には本当に感謝しております。
本当にありがとうございました!

H27end_intaisensyu.JPG

ページの先頭へ