ブログ

2015年6月16日(火)

やるからには突き詰めたい。限界への挑戦 ~黒川 翔矢~

BLOG_kurokawa①.jpg今年度ルーキー、紹介3人目は、黒川翔矢選手です。
黒川選手はランニングチーム史上初の名門・駒澤大学からの入社。全日本大学駅伝に三度出場し、安定した走りで駒澤大学の連覇に貢献した期待の新人です!
チームに新たな風を吹き込む黒川選手の競技に対する姿勢やプライベートについて迫りました!







(陸上を始めたきっかけは?)
中学校時代は野球部でしたが、駅伝シーズンは駅伝部と掛け持ちして大会に出場し、走る楽しさを知ったからです。高校で陸上に転向するか悩んだ際、「陸上を本格的に始めるには中途半端な覚悟ではいけない。」と思い3年生のときに県駅伝で約3.0kmのコースで9分20秒を切ることができたら高校では陸上部に入ると自分の中で決めて駅伝を走りました。結果は9分15秒の区間5位だったので高校では陸上をやる決心ができました。進学先は実家から近い強豪校であり、両親の出身校でもあることから作新学院高校へ行くことに決めました。

(高校時代の実績はどうでした?)
高校時代はあまり納得のいく実績は挙げられませんでした。栃木県総体では、5000mで4位となり北関東大会に出場することができましたが、そこで負けてしまいインターハイには出ることができませんでした。駅伝も関東大会に出場したのが最高でした。個人では2年生の時、県駅伝で3区を3位で走れたのが一番良い成績だったと思います。高校時代の5000mの自己ベストは14分42秒と全国的に決して速いレベルではありませんでした。

(大学を選んだ理由は?)
県総体で4位に入った時、駒澤大学の大八木監督が来られていて声をかけて頂きました。他の大学とも迷いましたが、どうせやるなら強いところでやりたいと思っていましたし、同じ高校から駒澤大学へ行って活躍していた宇賀地さん(現コニカミノルタ)に憧れていたので駒澤大学へ行くことにしました。先輩や同期にはかなり強い選手がいて、後輩も強い選手が入ってくるのでとてもいい刺激になりました。一緒に練習をしていてもなかなかついていけませんでしたが、強い選手と同じチームでやれたからこそ今の自分がいると思っています。

BLOG_kurokawa②.JPG(大学の実績、印象に残っているレースは?)
・全日本大学駅伝7区 2年生2位、3年生2位、4年生1位
・箱根駅伝 10区8位
・関東IC ハーフ3年生7位、4年生5位
全日本大学駅伝で区間賞を取れたことも印象に残っていますが、一番は4年生になって初めて出た箱根駅伝です。チームとしては2位で個人では10区を走って区間8位でした。12月の中旬に左足首を痛めてしまい、練習も満足にできませんでした。そうしたなかで自分を信じて使ってくれた大八木監督には感謝しています。前の区間の選手達がいい流れで持ってきてくれていたので、最後に区間賞を取りたかったです。 チームは優勝を目指してやっていたので、悔しい結果になりましたが、優勝に近いチームとしてのプレッシャーを感じることができたのは貴重な経験になりました。

(JRを選んだ理由、今後の目標を教えてください)
とても素晴らしい会社で良い環境のなか競技に打ち込めると思ったからです。将来的にマラソンで日本代表になりたいと思っているので、JR東日本にはマラソンで活躍している選手が多いというのも選んだ理由です。 今後は、ニューイヤー駅伝8位入賞を達成するための戦力になりたいです。そのために区間上位に入ることを目標としていて、狙っているのは4区のエース区間です!また、トラックの自己ベストも更新していきたいです。


BLOG_kurokawa③.JPG(趣味、休日の過ごし方、こだわりなどはありますか?)
趣味は野球観戦で友達とよく東京ドームに見に行きます。ちなみに巨人ファンです!
あとは温泉に行くことです。学生時代には、寮の近所にある温泉によく行っていました。今後は寮の近くでいいところを探したいと思います。
最近こだわっているのが部屋のインテリアで今はアジアンテイストがマイブームです。 部屋の芳香剤や柔軟剤にもこだわりがあります。匂いフェチなので...笑

最近は休日によくショッピングに行きます。社会人になったので今までより少しいい洋服を買いに行きます。


(指導者の言葉で印象に残っているもの)
誰かのために頑張らないと上(世界)にいけない。応援される人間になれ、感謝の気持ちを忘れない。
これらの言葉は大八木監督からミーティングで度々言われてきました。ここまで育ててくれた両親に恩返しするためにも頑張って、結果を残したいと思います。

BLOG_kurokawa④.jpg(最後に意気込みをどうぞ!)
仕事と競技をしっかり両立させてみなさんを笑顔にできるような走りをします! ご声援宜しくおねがいします。











                                                   
                              
ブログ係:長谷川・田村・大橋・鈴木

ページの先頭へ