ブログ

2014年12月16日(火)

苦難を乗り越え、日本を代表する選手を目指し~五十嵐 祐太~


igarashi_BLOG①.jpg入社して4年目となる五十嵐選手。
専修大学時代には4年間箱根駅伝を走り、入社1年目の丸亀ハーフマラソンではチーム記録となる1時間1分46秒を打ち立てた実力を持ちます。












(入社して4年が経ちましたがここまでを振り返ってどうですか?)
私は1年目の7月に移籍という形でランニングチームに入りました。最初は不安なこともありましたが、競技ができる環境を与えていただいたことに感謝しています。ランニングチームには大学の先輩である五ヶ谷さんもいたのですぐに馴染めたと思います。競技では1年目には順調に自己ベストを出し、ニューイヤー駅伝も走ることができました。びわ湖マラソンで怪我をしてしまい挫折を味わい、思うように走れないことが本当に苦しかったです。その後も怪我によりなかなか思うような結果を出すことができていないので、何としても満足の行く結果を出したいという思いがあります。

igarashi_BLOG②.jpg
(移籍は大きな決断でしたね。JR東日本を選んだ理由を教えて下さい。)
JR東日本に移籍したのは、専修大学の監督と岩瀬前監督が現役時代からの知人だったこともあり、私が移籍先を探している時に声を掛けていただいたことがきっかけです。また、尊敬している五ヶ谷さんと同じチームで走りたいと思ったからです。

(五十嵐選手から見たJR東日本はどんなチームですか?)
若手からベテラン、1500mからマラソンなど、様々な種目を専門とする選手がいてバランスの取れたチームだと思います。プライベートでも仲が良く度々遊びに行くこともあります。

(仲の良い選手を教えて下さい。)
一番仲が良いのは同期の大津です。部署が同じで席も近いこともあり、いつも二人で行動しています。筋トレも一緒にやります。(笑)先輩では五ヶ谷さんや高谷さんにはお世話になっています。


igarashi_BLOG③.jpg(プライベートについて教えてください。)
休みの日はよく実家に帰って、7歳の甥と3歳の双子の姪に会いに行きます。会うたびに成長しているので会うのが楽しみです。また、高校時代の友人や後輩と集まって皇居でランニングをすることもあります。寮にいるときは、お気に入りのホームシアターでDVD鑑賞をしながら筋トレをするのが日課です。AKB48のライブDVDを見ながらリズムに合わせて腹筋をやっています。







(昨年度から新体制となりましたが、五十嵐選手の役割はどのように考えていますか?)
 チームに来て4年が経ち、中堅の選手になりましたので、主力としてチームを引っ張っていける存在になりたいです。ニューイヤー駅伝では8位入賞を目指してチームに貢献する走りをしたいです。

(印象に残っているレースを教えて下さい。)
初めて出場した箱根駅伝です。沿道の応援がとても記憶に残っています。実業団に入ってからは自己ベストを出した丸亀ハーフです。丸亀ハーフの前には実業団の連合合宿に参加しマラソン練習をしました。量も質もとても充実した練習を行えました。お陰でハーフが短く感じ、自己ベストを1分近く更新できてびっくりしました。

igarashi_BLOG④.jpg(箱根駅伝の感想を詳しくお願いします。)
 子供のときTVで見ていた箱根駅伝にまさか自分が出場できるなんて思ってもいなかったので初出場は感動しました。私が走った8区のコースが地元ということもあり家族や友人、高校の先生までも応援に来てくれて嬉しかったです。2年生では5区の山登りを、3年生、4年生ではエース区間の2区を走らせていただき、終わってみれば4年間走る事ができました。また、襷リレーした五ヶ谷さんと大橋が今こうして再び同じチームになれたことも何かの縁だと思うので、ニューイヤー駅伝でも襷渡しが出来たらいいなと思います。



(初マラソン[12年びわ湖、2時間17分15秒]はどうでしたか?)
前の月の丸亀ハーフで自己ベストを出して調子は良かったんですが、レースでは30kmを過ぎて失速してしまい、マラソンの厳しさを実感しました。失速してからゴールまでの道のりが果てしなく長く感じました。とにかくキツくて、早くゴールして終わりたいと思いました。マラソンを走りたいという気持ちと走れる自信はありましたが、今思うとまだまだ練習不足でした。次は必ずリベンジしたいです。

(陸上を続けていて良かったと思うことを教えてください。)
練習や試合で自己ベストを更新し、達成感を味わうことが陸上をやっていて良かったと思える瞬間です。また、陸上を通じて、年齢に関係なく様々な人に出会えたことも私の財産です。

(競技者としての目標は何ですか?)
日本を代表する選手になることです。マラソンでオリンピックに出場して有名になりたいです。まずは怪我をせずに練習に取り組み、自己ベストを更新したいです。ニューイヤー駅伝では、8位入賞するために任された区間で活躍したいです。

(応援してくれるファンの方々に一言メッセージをお願いします。)
 初心を思い出して必死になって競技を続けていきたいと思います。応援してくれる方に感動を与えられるように、これからも競技に取り組んでいきます。今後ともご声援よろしくお願いします。

igarashi_BLOG⑤.jpg
ブログ係:高田、原田、大橋、鈴木

ページの先頭へ